イケてない動画や採用サイトは何と何と何を直せば良いのか


この前、『Webサイトから見えてくる経営課題』という記事でビジネスの現場で日々発生する表層的な課題ではなく、根本にある課題を見極めて解決した方が良い、という話をした。

今回は、具体的にどのように根本課題にアプローチすれば良いのかを2つの例で説明したい。

1.動画でサービスをわかりやすく伝えたいケース

例えば、「新しい動画を作りたいが、以前作った動画はイマイチだった。今回はサービスの魅力を的確に伝え、成果が出る動画を作りたい」とクライアントからオーダーをもらった場合、どのようにプロジェクトを進めるのか。

今回も「氷山モデル」を使って解説する。氷山モデルとは、表出している「できごと」から、中長期的な傾向である「パターン」が見え、その背景にはパターンを生む「構造」があり、その下に意識・無意識の前提である「認知」がある、とする考え方。

主にクライアント社内の人に話を聞きながら、社内で何が起きているのかを探りに行く。すると背景では、以下のようなことが起きている(中身はシンプル化した例)。

社内で何が起きているかを把握すると、動画の企画・制作以外にもやるべきことがあるのがわかる。

そこで、動画の企画・制作と平行しながら、上記のような「パターン」「構造」「認知」に切り込む解決策を進めていく。すると、動画のクオリティは格段に上がるし、営業資料、Webサイト、セールストークも連鎖的に良くなっていく。

2.採用サイトを作り、採用を強化したいケース

もう一つの例として、「現行の採用ページが微妙なので、採用力を上げるために採用サイトを作りたい」とオーダーをもらった場合。

動画作成のケースと同様に、どんな「パターン」「構造」「認知」が背景にあるのかを把握する。採用文脈では、こんなことが起きていたりする。

この「認知」や「構造」があると、通常のサイト制作プロセスに沿って、ヒアリング・要件定義→企画・設計・・・と進めていっても、求職者に響くサイトは作りにくい。

そこで、採用サイトの企画・制作だけでなく、「パターン」「構造」「認知」レベルに切り込む解決策を進めていく。すると、採用サイトのクオリティは自ずと上がるし、組織内のメンバーに納得感が出るから、みんなが気に入って、自発的にソーシャルメディアでシェアしてくれたりする。

問題はディレクションの不在ではない

作ったもののアウトプットがイマイチだった場合、一般的には「ディレクションできる人がいなかった・・」、「要件定義ができていなかった・・」と総括されるけど、実はディレクションや要件定義以前に、それらを難しくしている根本課題があることがほとんどだ。「ディレクションできる人がいなかった」のではなく、「ディレクションできる状態になかった」が正しい現実認識だろう。

せっかくお金と時間をかけたのに微妙なものができあがったり、関わるメンバーが疲弊してしまうのは、誰が悪いとかではなく、純粋に社会にとって勿体ないと思う。

想いを持ってプロジェクトを進める人たちのエネルギーが活きるように、社内のコミュニケーションプロセスや経営者の思考の整理まで踏み込みたいし、そうした本質的な問題解決の手法をもっともっと広めていきたい。

※株式会社才流では、会社、事業、プロジェクトを整理し、ものすごくディレクションしやすくした後に、『SAIRU』のプロフェッショナルネットワークを使って、動画やWebサイトなどなどをカタチにする支援をしています。お気軽にご相談ください(`・ω・´)ゞ