新しい時代のビジネスパーソンは
誰をベンチマークすべきか


「個の時代」になっていくと言われ、個の才能にお金や機会が集中し始めていますが、我々のような法人企業、ビジネスパーソンは新しい時代において、具体的にどう行動していくのが時代の流れにマッチするのでしょうか。

これまでの数十年、法人企業やビジネスパーソンはGoogleやApple、Facebook、IBMやGE、トヨタのような世界的大企業、ジャック・ウェルチやジョブズ、孫さん、最近ではザッカーバーグやSnapのエヴァン・スピーゲルのようなカリスマ経営者を参考にしてきました。

しかし、企業以前に「個の才能」が大切になり、組織や仕事のあり方が変わっていく時代において、当然、最適なベンチマーク対象は変わっていくことが予想されます。

そんな中、年末年始にだらだらとYouTubeやテレビを観ている中で、これからの5年、10年、法人企業やビジネスパーソンは芸能人をベンチマーク対象にするのが良いのではないか、という仮説を持ちました。

彼らはまさに「個の才能」を活かし、ビジネスパーソンが10年、100年かけて稼ぐお金をたった1年で稼ぎ、例えば、ミュージシャンの中には音楽業、俳優業、テレビやミュージカル出演など、まさにパラレルなキャリアを実現している人がいます。
ビジネス業界において実現しようといま議論していることを、芸能人の方たちはここ数十年、既に実践してきたのではないでしょうか。

キャリアの築き方、創造的な作品の作り方、マーケティング・PRの方法、情報発信の仕方、ファンとの関係の築き方、業界内や周囲との人間関係の作り方、資本の獲得方法、収益の上げ方、、、世界的な企業、カリスマ経営者よりも彼らから多くのインスピレーションを得られるかもしれない。

そんな仮説を持って、LINEブログやInstagramで芸能人を大量にフォローし、音楽業界やミュージシャンの動向を把握しようと話題の新書『ヒットの崩壊』を読み始めました。