なぜ、採用サイト/ページは社員インタビューで溢れているのか


最近、知り合いと「ほとんどの会社の採用サイト/ページが、差別化できていない」という話をした。

社内の環境や制度、代表メッセージ、社員の年齢・性別などのデータ、活躍している社員のインタビュー。どの会社もみな同じようなものが並んでいる。雑談的に「どうすれば良いんだろうねー」と話していたが、掲載する情報の質を変えると面白いのではと思った。

僕が転職者なら教えて欲しいこと

仮に僕が転職する立場だったら、現状の採用サイトや求人サイト、転職口コミサイトの情報だけでは、会社のことがわからず、転職に踏み切れないと思う。

企業の採用サイトや求人情報サイトには、よく社員のインタビューが載っている。ただ、彼らには良いことを言わなきゃ・・という力学が働くので、どうしても宣伝臭くなってしまう。そもそも、いま所属している社員の声だけだと生存バイアスが働いてしまうので

・内定は貰ったが、他社を選んだ人の声
・最近、辞めた社員の声
・一緒に働くお客さんやパートナーからの声

まで載せてもらった上で意思決定できると嬉しい。少なくとも、提供しているサービスの満足度や継続率、加えて社員の離職率は教えてもらえるとありがたい。

※ちなみに転職口コミサイトは、Amazonのレビューのように不満を感じている人が書き込みやすいため、参考にしづらいと思っている。

ホントのところに触れる機会が欲しい

できるだけ、ホントの情報に触れる機会があると良い。

会社の近くの飲み屋で交わされているような「実は●●の理由で転職しようと思っている」「新しくできた●●という社内制度がとてもありがたい」といった会話や、社内チャットの雑談部屋で繰り広げられる会話など。
(この会話をした人は『入社前にChatworkの雑談部屋に入ってもらってる』と言っていた。すごい…!)

その会社にフィットできるかを確かめるために、入社前には、配属先の部署のチャットに入り、会話に加わる期間があっても良いかもしれない。全社総会に呼んでもらうというのも一つの手段だろう。

もちろん、秘密保持的な話があるのは重々承知の上で、求職者視点で欲しい情報を考えてみる余地はまだまだありそうだ。

テクノロジーがフラットな情報を流通させる

ちなみにマーケティングで近しいことを考えてみると、導入事例が例に挙げやすい。導入事例は、導入した100社のうち、5社が満足・95社が不満足でも、満足した5社を取り上げれば良いサービスに見えてしまう。

これも生存バイアスが強くかかってしまう例。誠実に情報発信するのであれば、プロジェクトの成功率と、不満足な会社の事例も載せた方が良いとなるけど、普通に考えればそんなことをする企業はないw

導入事例の話も、採用サイトの話も、性善説では解決されないと思うので、いつの日かテクノロジーが解決策を提供してくれることを期待している。

※編集に協力してくれた小山和之に感謝します